コピー機のレンタルの主なメリットについて

社用としてコピー機を設置する場合、購入やリース、そしてレンタルの方法が挙げられます。

このうち最も素早く導入できる方法が最後のレンタルです。購入する場合、一括払いができないとなれば審査が行われます。また、リース契約では与信審査が実施されます。ところが、単に借りる方法を選択すれば、こうした審査とは無縁です。ですから、スピーディーなコピー機の設置が可能になります。さらに、契約内容のパターンが最も豊富なのも同じくレンタルです。この契約形態の特徴は契約期間をある程度自由に設定できる点にあります。最短だと1日から契約することもできますし、1ヶ月単位で自由に契約を結ぶことも可能です。

そのため、オフィスに状況に合わせた期間を設定しても問題ありません。イベント会場など、自社のオフィス外に設置するよう手配できる点も、この契約がいかに柔軟なものであるかを物語っていると言えるでしょう。コピー機の導入をレンタルで取り組むメリットはこれだけではありません。事務処理手続きがかなり簡単なことも大きな魅力です。単にコピー機を借りているだけですから、経理処理を行う際、全ての費用は経費としてカウントすることができます。

基本料金はもちろんのこと、搬入搬出費やカウンター料金についても同様です。ちなみに、リースも比較的経理の処理が簡単と言われていますが、借入をして、資産を購入した時と同じ扱いになります。ですから、コピー機の取得時と料金の支払い時、そして決算時で若干複雑な処理が必要になります。以上を踏まえ、レンタルはスピーディーな導入をしたい会社や、事務スタッフの確保がなかなか難しい会社などに相応しい方法と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *