コピー機レンタルと他の方法の検討

コピー機をオフィスに迎え入れる方法はメーカーから新規で購入する方法ひとつだけではなく、実際にはいろいろな方法があります。

基本はもちろんメーカーからの新規購入であり、この方法は機種にかかわらず新品を導入できるほか、保証などもついているといったメリットがあることはたしかです。しかし価格的には多少の値引きがあったにしても基本は定価ですので、一度に多額のお金を用意しておかなければならず、体力が弱い中小企業などであれば、さらにリーズナブルな金額で可能な方法をみつけることがたいせつです。

コピー機をリーズナブルな方法で手に入れるのであれば、リースやレンタルの方法があります。法人組織はリースの方法を使うのが一般的ですが、これは機種を自由に選ぶことができて、しかも数年単位での長期の契約で毎月の定額のリース料負担だけですむことが要因になっています。そのかわりに契約を期間の途中で解除することができず、契約をするにあたっても審査を必要としていることがネックになることがあります。

リースの方法以外にもコピー機をレンタルする方法があり、こちらのほうが手続き的にはきわめてかんたんなために、リースよりもむしろふさわしいことがあることも事実です。レンタルではコピー機は在庫にある製品から選ぶため、かならずしも希望の機種にあてはまらなくなることがないわけではありません。しかし審査を受ける必要はありませんし、契約期間も短期であってもよいなどの手軽さがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *