レンタルでコピー機を導入する際のポイントとは?

コピー機をレンタルで導入する機会はそれほど多くはない、このように考える人は多いかと思われますがネット広告を見ていると意外と広告が多くあり需要がある程度あるのではないか、色々な会社がサービスを提供しているため使うときには比較が大切と考える人も多いといえましょう。

文書のコピーをとる、その文書も契約書や見積書など金銭に絡むものもあれば、仕様書や設計図などの場合もあるわけですが、契約書などの文書だけであればA4サイズ、図面などを含めたときにはA3サイズもしくはそれ以上の大きさまでとれるタイプが便利です。建築現場などに仮設される事務所は、半年から1年などの期間設置される施設でコピー機を使う機会も多い反面、建築を終えた後は解体になりますのでリースや購入ではなくレンタルの方が便利です。

建築現場では、設計図を取扱うことが多い場所ですからレンタルするコピー機はA2やA1サイズまで対応しているタイプが必要になることも多いのではないでしょうか。A3サイズまでの製品であれば色々な会社がサービスを提供しているけれど、大きなものをとることができるコピー機のレンタルサービスを提供している会社の数は少なくなりがちです。

大型コピー機は、普通サイズのものと比べると需要が少なめですから取扱っていない会社もあるようです。ただ、サービスを提供している会社が少ないからといって比較をせずに契約するのではなく、数社を見つけて料金・サービス内容・保守やメンテナンスの仕組みなどを比較することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *