フリーランスによるコピー機レンタル

世の中で事業を営んでいるのは株式会社や合同会社のような法人組織だけとは限らず、個人事業主の立場にあるフリーランスの人々も多くいます。

事業の規模が法人と比較すると小規模なため、なかなか社会的な信用力に乏しく不利益になってしまうことも少なくありません。オフィス機器が欲しい場合なども同様であり、現金で一括購入であれば問題はないものの、分割払いやリース方式での取得となると、事前の審査をパスできなくなってしまい、法人のようにはスムーズにいかないことがあります。

そこで個人事業主がコピー機のような高額なオフィス機器を導入するための手段として、コピー機のレンタル方式が挙げられます。この方法であればもともと短期的、突発的な需要にすみやかに対応できることを想定しているサービスのため、事前の審査などは必要ありませんし、メーカーからの入荷を待つ時間も不要なためにすぐに納品されるといったメリットがあります。

またコピー機のレンタルの場合には、短期間から長期間まで契約の期間は比較的自由に選べますので、リースとは違って何年もの間にわたって同じ契約に拘束されたり、途中解約で莫大な違約金を支払うようなこともなくなります。期間中のトナー交換や故障の修理などといったメンテナンスに関しても、レンタルの場合には便利ですぐれたしくみをもっているのが普通です。最初にメンテナンスの契約をしておけば、故障のたびにいちいち修理費を支払わなくても、契約した一定金額のなかでまかなうことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *