コピー機のリース料率はどれくらいなのか

コピー機を設置するのにリースで対応するとなれば、購入よりもどれだけ割高になるのかを一応把握しておくと良いでしょう。

一般的に、5年間のリース契約を締結した場合、リース料率の相場は2%前後になるとされます。仮に導入するコピー機の価値が100万円だとした場合、1ヶ月ごとに支払う代金は2万円(100万円×0.02)となります。これを60か月間支払う計算ですから、合計支払い金額は120万円です。つまり、このケースだと20万円ほど購入よりも高くなります。

また、契約期間を短くすることや長くすることが可能な場合もありますが、この時はリース料率も変動します。どの場合も、購入時より割高になることは確実です。だからと言ってリースは損かというと、そんなことはありません。コピー機を所有した場合に支払うことになる固定資産税や動産総合保険の費用が加算されていますし、金利も加わっています。コピー機を一括払いで購入できなければ、ローンを組んだり、割賦契約を締結することになるでしょう。

もちろん、その際には金利が発生します。これらのコストは購入した場合にも発生する必要経費ですから、ほとんど差はない計算になります。また、手数料が発生しますが、機種選びの提案や情報提供などの手間を考慮すれば、それほど高額とは言えません。むしろ、さまざまな面倒な手続きを代行してもらっている分、手間と人件費などのコストを省くことができると考えられます。
コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *