コピー機のリースでは保守契約が重要

コピー機は高額なためリースするのが一般的ですが、提供する会社がどこも同じとは言えません。

契約期間は一般的に3年から6年で、少なくとも3年以上は提供会社と付き合うことになるので、契約を結ぶときは慎重に選ばないとなりません。契約した期間で本体価格を分割、さらに金利などの諸経費を加えて料金が決まり、金利などもかかるため現金一括購入と比べると割高ですが、初期費用が抑えられて全額損金計上出来るで会計上ではメリットがあります。

コピー機のリース会社を選ぶときは、導入する機器の本体価格が安いほど利用料金も比例して安くなります。導入するときは保守契約を結ぶのが一般的で、これはメンテナンスやトナーなどの消耗品にかかる料金で、毎月のランニングコストです。保守契約にはカウンター・キット・スポットがあり、一般的なのはカウンター保守です。カウンター保守はモノクロ・カラー1枚それぞれの料金をあらかじめ保守会社と設定しておき、本体内蔵のカウンターが枚数を月単位でカウントして1枚あたりの金額に基づきカウンター料金が請求されます。

カウンター代の中にはトナーなど消耗品代やメンテナンス・修理費が含まれます。中にはコピー機のリースが安価な会社がありますが、本体価格または利用料金だけの見積もりになっていたりします。この場合も保守契約に関して確認したおくことが重要で、導入してからメンテナンスで追加費用を請求されてトータルだと他の会社よりも高くなる恐れもあります。保守契約でかかるランニングコストも先に把握しておくことが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *