コピー機のリースを安くするには

コピー機はオフィスに一台はかならず欲しい製品のひとつになっていますが、メーカーから定価で購入するとなればなかなかの金額の出費となってしまいます。

そのため近年はリース方式でできるだけリーズナブルな価格で導入しようとする企業も増えており、今後ともこの流れは続くものとみられます。リースが購入にくらべてお得とされる理由はいくつかありますが、まずは一括で現金を支払わなければならない購入の場合と比較して、支払いが毎月に平準化されるので負担感が少ないということがあります。

ほかにもメンテナンス契約などの他の付随するサービスがはじめから用意されていることが多く、維持管理にもあれこれと悩まずにすむこともポイントです。もちろんコピー機のリースがいくら負担の少ないものとはいっても、毎月の費用をできるだけ安くしたいのはすべての企業に共通する希望といえます。そこでリース料金を安くするための方法ですが、ひとつにはコピー機の性能を多少落とすことが挙げられます。

フルカラーよりもモノクロのほうが、また同じモノクロでも印刷のスピードが遅いほうがコピー機そのものの価格が安いため、リース料金もそれにつれて安くなります。ほかには契約期間が何年がかりになるのかによって、毎回の支払い金額も違ってきますので、できるだけ年数が多く、支払いの回数が分散できたほうが、一度の支払い金額は安くなります。オプションなども余計なものはできるだけ減らして、サービスを身軽にしておくことも挙げられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *