コピー機のレンタルについて

コピー機のレンタルとは契約会社となる第3者から複合機を借り受けることを指し、個人名義または法人で借り受けます。

個人名義で借りる場合は、個人経営向けの複合機を借り受け法人の場合も同様です。リースとは異なり法人となる会社でも借り受けることが出来るのが利点となり、数日から数年と短期間で借りることが出来るのが強みです。また、中途解約をすることも可能でリースとは異なり、中途解約における費用が発生しないという特性もあります。しかしながら、コピー機のレンタルには利点ばかりではなくデメリットも生じます。

デメリットについては、リースとは異なり、コピー機となる商品は自由に選ぶことが出来ず、商品を新しく変更することもできないのがデメリットとなります。これはリースにおいては、商品が新しくなった場合においては新しいものへと変更することが可能ですが、レンタルの場合出来ないことを指します。

他にも中途解約の費用が掛からないという利点がありますが、レンタルには初期費用と言う形で中途解約金を回収する会社もあるため実質、中途解約金となる物を支払っているとみなされます。以上を踏まえた上でコピー機を借り受ける場合、どちらのシステムがお得になるかについては会社により異なり、利用期間がより長いものはリースにて契約することがお得で、契約期間が短いものにおいてはレンタルと言う手法がお得にコピー機を借り受ける手段であるということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *