コピー機レンタルなら在宅ワーカーでも使えます

近年ではフリーランスとネーミングされる、かつて自由業や自由職業と呼ばれる、組織に属さない個人事業主が増えています。

彼らの仕事は原則として、自分が保有するスキルや経験を活かし、顧客にサービスを提供することで利益を得ることです。多人数で営業しているケースも見られますが、中には自宅で開業し、従業員を一切雇わないフリーランスも増えています。開業届を提出していない場合も少なくありません。このようなフリーランスは在宅ワーカーとも呼ばれ、コピー機を設置するとなると、リースの利用は極めて困難です。

社会的な信頼が乏しいことから、審査に通過できないのが理由とされます。このような場合、コピー機は購入するか、レンタルで導入する道しかありません。コピー機の購入は新品にするか、中古品にするかの選択肢があります。しかし、新品は高額であり、かといって中古品は壊れてしまうリスクが高まります。高額なコピー機を所有するのも、壊れやすい中古品を所有するのも抵抗が生じることでしょう。

一方、レンタルはあくまで借りる契約ですから、多額の初期費用に悩まされる心配はありません。中古品を借りることになるため故障のリスクはありますが、所有していない以上、故意や過失で壊すなどの特段に事情がない限り、責任を負う必要は皆無です。レンタルは購入した場合に比べ、経理上の手続きも極めて簡単なので、スタッフを雇わないフリーランスでも容易に税務処理を行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *