リース契約のコピー機はトナー交換も無償での対応

日々の業務でフル稼働をすることもあるリース契約のコピー機は、トナーが切れた場合、経費で別途購入をする必要はありません。消耗品となるトナーは安価ではありませんし、機器は導入をしたもののトナー代が高額では、ランニングコストとしても頭が痛いです。基本的にトナー代金は、コピー機リース契約時のカウンター保守料金の中に入っています。カウンター保守料金に含まれるのは、無償の保守メンテナンス代金や、トナー交換料金です。

他にも1か月間の印刷枚数を基礎とした、カウンター料金も含まれます。頻繁に印刷をするオフィスであれば、それだけインクの減りも早いです。定期的にトナーの交換を無償で行ってくれますし、消費が激しい時にはトナーの予備をオフィスに置いて行ってくれることもあります。一定期間で交換に訪れてくれるのも助かりますが、一時的に印刷量が増量をしても、予備のトナーの在庫があれば業務がストップすることにはなりません。

コピー機のリース契約をするときに、カウンター料金の説明はされますが、導入後に初めてトナー切れになった時、たくさんの印刷時などは不安になることもあります。無料での交換サービスがあるので安心ですし、使用を終えたインクに関しては、販売店やメーカーが回収をしてくれます。使用済みのトナーがいくつか溜まっても、自分たちで破棄をする必要はありません。ちなみにリース料金の内訳は、コピー機本体の価格と、設置設定費用が含まれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *