コピー機をリースで使用するメリットは

ビジネスに欠かせないオフィス機器のひとつに、コピー機があります。近年ではパソコンのプリンターで資料などを印刷するケースも増えていますが、短時間で大量の資料を印刷したい場合などには、低コストで印刷速度が速いコピー機を活用するのが有利だといえるでしょう。コピー機についてはメーカーからこれを購入して利用することもできますが、多くの企業ではリースの形式を採用しています。それではコピー機のリースには、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

コピー機をリースで使用するメリットとしては、まずは会計の面で有利になることがあげられます。高額なオフィス機器を購入して使用する場合には、購入額を一定の年数で各会計年度の費用に計上する、減価償却の手続きを行うことが必要になります。一方のリースの場合には支払った金額をそのまま年度の費用として計上することが認められるため、面倒な減価償却の手続きを省略して、会計処理をシンプル化できるのです。さらに機器のメンテナンスの手間を省略できることもメリットになります。

機器を購入して使用する場合には、購入者自らが機器の定期的なメンテナンスを行うことが必要です。一方のリース契約では機器の貸し手が定期的なメンテナンスを行うことが、契約内容に含まれることが一般的であるため、使用者自身がメンテナンスを行う必要はありません。その他には購入時のまとまった金額の支払いが必要ではなく、月々の費用負担を平準化できることも、メリットのひとつだといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *