コピー機リースの注意点

コピー機を導入するときには月々の利用料金を抑えることが出来ることから、リースを選択する会社も少なくありませんが注意点があります。そもそもコピー機をあまり利用しない会社の場合には、毎月一定金額の費用が失われてしまうため、リースの導入によって費用の削減や効率化ができなくなってしまう恐れがあるので注意が必要です。最近では安い家庭用プリンターであっても性能の良いものがでているので、スマートフォンなどから直接印刷を行いたいケースなどではコピー機はリースでなくプリンターを導入するという方法もあります。逆に印刷量が多い場合には、スピーディに印刷を行える複合機を導入することをおすすめします。

鮮明なモノクロ印刷を大量に行いたいのならレーザータイプのプリンターを、写真などを印刷することが多いのならカラープリントが得意なハイスペックなものを選択すると良いでしょう。リースの場合には長期間同じ機種を使い続けることが、安く利用できるための条件となっています。そのため自分にあった機種を見極めて利用することが損をしないためには重要です。導入には審査が必要ですので、予定日などがある場合には早めに依頼を行ってください。

いきなりコピー機をリースで借りる事に心配がある方は、レンタルから始めてみるのも良いでしょう。1日単位から審査をせずに借りることが出来ますが、その分利用料が高い傾向にあります。長期プランへ変更できる会社などもありますので、自分にあった会社からコピー機を借りることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *