業務効率化に最適な上位機種のコピー機リース

小さなオフィスではモノクロの機能限定型のコピー機をリースすることが多いですが、上位機種を使いこなすと業務の効率化が実現できます。ヒアリングに力を入れるリース会社に相談すると、個別の企業の利用実態に合った製品の導入が容易になります。社員数が多い企業ではコピー機の前に行列ができることも多く、1分当たりの複写枚数が多い上位機種を選ぶことが重要です。様々な機能が付いた複合機はリースの月額料金も割高ですが、導入によって人件費を節約することも可能です。

とりわけ人気があるのは大量の文書を短時間でスキャンできる機能であり、OCR機能付きの製品を選ぶと文書管理も容易になります。しかし初めてコピー機をリースする場合には、上位機種を上手に使いこなせないという問題もあります。けれども使い方の指導などのサポートが充実したリース会社を活用すると、中高年の社員が多い企業でも自由自在に上位機種を使えるようになります。そしてオリジナルのイメージを印刷できる機種を選ぶと、企業のロゴ入りの文書も自由自在に作ることができます。

また履歴を管理できる機種の活用で、不要なコピーを減らして用紙代やトナー料金を節約できるようになります。そして両面コピーに対応した機種を導入すると、資料作成の所要時間の大幅な短縮が可能です。確かに使い方を覚えるのは難しいですが、一旦活用法をマスターすると複写作業が迅速になる上に仕上がりも美しくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *