コピー機のリースでかかる費用とは?

コピー機のリースを利用するオフィスが多い最大の理由が、本体価格が高いという点です。本体価格は連続複写速度によっても左右されますが、一般的な1分で25分印刷できる機種でも100~150万円ほどかかります。機能が多いとさらに金額が高くなるため、購入するのではなく借りるという選択肢をとっているケースが多いのです。では実際にコピー機のリースを利用する場合には、どのくらいの金額が必要になるのでしょうか。

条件に応じて金額には違いがあるものの、相場で考えると1ヶ月あたり5000~10000円程度になります。契約期間や機種の機能、さらにはメンテナンスの頻度などの条件によって金額は変わってきます。オフィスの状況を考慮したうえで、どのくらいの金額が妥当になるのか考えて検討していくことも忘れないようにしましょう。コピー機のリースを利用したいとき、どのような業者を利用するかもポイントの1つです。

業者ごとに契約内容などの点にも違いがあるので、比較してオフィスごとに適した選択をすることが大切です。契約の種類の違いを理解することで、より良い形で借りることにつながります。またコピー機のリースでは、どのような機能のものがオフィスに合っているか考えることも大切です。業務内容ごとに必要な機能が異なるため、状況を考慮して適切な選択をできるようにしましょう。

まずは試しに借りてみて、契約更新ごとに機種を変えて必要な機能を探っていくことも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *