コピー機リースは安心のアフターサービス対応付きを

今ではいくつものコピー機リースのサービス提供をする会社がありますから、アフターサービスも充実対応の業者を選ぶことです。最新バージョンのコピー機も選び放題なのがリースの要点ですが、毎日激しく使えばいくら最新機種でも不調を訴える可能性は出てきます。紙詰まりや動きがおかしくなったり、印刷が綺麗にできないなど、使えば使うほど精密機器だけにトラブルが起きてもおかしくはありません。だいたい5年から7年ほどは使い続けることになるため、稼働率のハードな職場環境ならその年月分も考えて、困った時にすぐに親切で適切な対応をしてくれる方が助かります。

故障をしたときや若干の不具合であっても、直接修理の依頼ができてスピーディーに修理をしてくれること、定期的メンテナンスもバッチリの会社を選ぶことです。導入時には愛想が良くても、その後のアフターフォローでは電話がつながらないでは困ってしまいます。ネット時代ですから業者の口コミなどもリサーチしつつ、導入後のケアまでしっかり対応の業者を選ぶことは大事です。契約時には安さだけに目を向けないこと、条件付きとかキャンペーン時で、格安の本体価格での契約をするケースもあります。

気を付けないといけないのは、実は在庫処分で安価になっていたり、部品保有期限が経過していたり、問題を抱えていることもあるためです。コピー機のリース契約があまりにも安い時には、なぜなのかを冷静に調べるようにします。コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *