コピー機のリース利用の特徴

会社では仕事をする上でコピー機を利用することが多くあります。企業用コピー機は家庭用とは異なり大型の物が多く、購入する場合は高額のためリースが便利です。実際にコピー機をリースの特徴を理解することがポイントとなります。利用する上でコピー機のリース期間がありますが、一般的に5年から6年契約での契約が多くあります。

期間は契約する企業によって違いはありますが、短期期間として2年以下で使用できる場合や逆に長期的に利用できる場合もあります。利用期間中に契約自体を変更も可能なので、同じ機種にこだわらず別の機種に変更も可能です。企業にとってポイントになるのは資産とした際に、所有権はどうなるのかをしっかり把握しておく事もポイントです。購入したものであれば所有権は購入者である企業になります。

リースでの契約が終了すれば返却することになるので所有権はありません。使用している中でシステムエラーや紙詰まりなどトラブルが起こる可能性もありますが、その場合は保守や修理が契約内容に含まれている事がおおくあります。そのため定期的にメンテナンスも含めて修理もサービスで利用できます。利用する上で購入するかリースを選ぶかを迷う場合が多いです。

その際は利用する期間や頻度などを考慮して、費用面を算出します。短期であれば高額になる事もありますが、長期であれば割安になります。トータルでコストがどれくらいなのかを考慮して比較するのが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *