コピー機のリースなら格安で導入可能

業務用のコピー機は非常に高額で、100万円を優に超える機種が少なくありません。なかには300万円レベルの機種もあり、ちょっとしたクルマを購入できるほどです。コピー機のリースが注目されるのは、高額な機種を格安で導入できるからです。ひと月あたりの料金は、一般的に定価の1%程度となっています。

運用期間にもよりますが、短期の利用であれば購入よりコピー機リースのほうが安くなることが多いです。各機種を比較して選びやすいのも特徴で、基本性能や本体サイズ、コピー時間などを比較できます。ほどよいスペックの機種を選択することが、最も合理的かつ経済的です。当然ながら高機能の機種は、リース代も高額になると考えてください。

高スペックの機種はさまざまな機能がありますが、宝の持ち腐れになっては意味がありません。便利そうに思える機能であっても、本当に使用するかどうか見極める必要があるのです。ただしスペックを落としすぎると、コピーに時間がかかりすぎるなどの問題が発生します。対応できる原稿サイズが小さすぎる場合も業務に支障が出てくるでしょう。

機種選択で迷ったときは、担当者に相談すれば提案してくれます。コピー機選びのプロと言える人達ですから、最適な機種が見つかるはずです。ただし料金に対しては慎重に検討する必要があり、提案された料金プランが適切か見極めてください。一般的にコピー機のリース会社は、やや高額のプランを勧めてくることが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *