高額な業務用コピー機はリースで用意しよう

オフィス機器にも多くの種類がありますが、業務では大量の書類を印刷、コピーすることも多いのでコピー機は欠かすことができません。シンプルな機能のものもありますが、スキャナやファックス、カラー印刷など様々な機能を持つ複合機も人気があります。購入で用意している企業もありますが、業務用となると安いものでも新品なら100万円をこえることも珍しくありません。コピー機を安く導入する方法としては、中古を選ぶということもあげられます。

新品よりは安くなりますが、すでに使われている機器ですので、耐久性の面で不安を感じる人もあるかもしれません。できることなら、安く新品を導入できることが理想です。そんな場合は購入にこだわらずにリースを活用することも考えてみましょう。コピー機のリース契約のメリットとしては、まずまとまった初期費用が不要になることがあげられます。

毎月のリース料金は全額経費として計上できますし、固定資産税の発生もなく減価償却の必要もありません。中古ではなく新品で導入できるのもレンタルとは違うメリットといえるでしょう。レンタルを選ぶという方法もありますが、長期間の利用となると意外とコストが高くなることもあるので注意が必要です。コピー機のリースを利用するときは、安心して利用できる業者を選ぶことが大事です。

どのような機器が用意されているのか、毎月の使用料がいくらになるのかも比較してみましょう。保守メンテナンスもしっかりとしている業者なら、もしもの故障の際にも安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *