コピー機リース契約で発生をするランニングコスト

日々オフィスで大活躍をするコピー機をリース契約で導入した場合、その後に必ずかかってくるのはランニングコストです。内容としてはコピー機本体のリース料金に、コピー用紙などの消耗品代金、それにカウンター料金などがあります。トナーカートリッジやカウンター料金に関しては、イコールで保守メンテナンス代金と考えて構いません。コピー機のリース料金に関しては、貸し出しサービスの会社との契約で、およそ5年7年の支払いです。

しかしトナーカートリッジ料金、カウンター料金に関しては保守会社との契約で支払いもします。一体どれくらいのカウンター料金がかかるかですが、だいたいの目安があってそれに当てはめることが可能です。印刷がカラーなら1枚当たりで8円から15円くらい、白黒印刷は1枚で2円から3円ほど、最低基本料金は月に2千円から3千円になります。見た目も美しく印象的なカラー印刷と、シンプルなモノクロ印刷とでは費用面に差が出るため、節約を念頭に置くならモノクロ印刷を意識することです。

お客様に発送をする書面など、必要に応じてカラー印刷をするにしても、普段のコピーは白黒にする、それがカウンター料金の節約になります。設置する場所やメーカー、毎月印刷をする枚数などでカウンター料金には違いがあるため、導入前に各メーカーに見積もりを取って比較をすることです。月の利用枚数はたくさんになるほど、カウンター料金に関しては単価がそれだけ安くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *