コピー機のリースはおすすめです

会社にコピー機を導入したいならば、リースがおすすめです。その理由は、リースで導入をすると所有権はこちらに移りませんので、なんと固定資産税の対象にならないのです。つまり、節税になりますので、少し出費を抑えられます。また、毎月支払うリース料金は経費として計上が可能なので、それも大きなメリットになるのです。

コピー機は業務内容によっては必ず必要になります。会議や講義に必要な資料を作る際にも使いますし、大量にビラやチラシを印刷しないといけない場合にも使います。しかし、コピー機は高額でなかなか購入に踏み切る事が出来ません。特に印刷スピードが速い最新型の機種になると100万円ほどしますので、気軽に購入をするものではないのです。

しかし、リースの場合は、最新の機種でも毎月2万円弱で借りる事が可能(企業によって値段は変わります。)です。もしも、コピー機を導入しようと思っている人は、リースを利用してお得に借りてみてはいかがでしょうか。しかし、一つだけ注意点があります。

それが、基本的に5年間の長期契約になりますので、それだけの期間は料金を払い続けなければいけないのです。また、途中解約が出来ませんので、途中で使わなくなっても契約満了まで払い続ける必要があるというわけです。この部分だけは契約する前に注意をしておきましょう。コピー機を常に使い続ける業務を行っているのでしたら、特に注意する考える必要はないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *